スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
印刷に関する素朴な疑問
2011 / 04 / 18 ( Mon )
 アナログ原稿ですが、原稿は返却してもらえるんでしょうか。

 面付けした状態のままですが、納品時に返却します。


 アナログ原稿ですが、面付け時に原稿はカットされますか。

 下部とノド(製本時にのりがつく部分)をカットして面付けします。(B5判はノドだけ)


 例えば100冊注文したら、100冊丁度納品されるのでしょうか。

 印刷、製本とも失敗することを計算に入れて少し多めに作ります。
ですので、きっちりの冊数ではなく、プラスアルファ(余部)がつきます。
ただし、この余部は状況によって何冊できるかわかりませんので、決まった数をお約束できません。目安としては、大体5%から15%位です。

ごくまれに乱丁、落丁が出ることがありますが、弊社では1冊ずつの検品を行っておりませんのでお取替えはできません。その場合は余部で充当してください。印刷の汚れやその他の不良品も同様です。
余部の冊数より多く不良品が出た場合は何らかの保障をしますので、できるだけ早めにご連絡ください。

他にも、ご不明な点がありましたら、いつでもどうぞ。
since77@ohtomops.jp 
スポンサーサイト
04 : 29 : 43 | よくある質問 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
絶対にノンブルを入れたくない時は
2011 / 04 / 08 ( Fri )
メールでいただいた質問やホームページの補足などを、こちらでも時々公開していきます。


「ノンブルとは、本のページを表す数字(ページ番号)の事です。
必ず本文全ページ、印刷に出る位置(仕上がり線の内側)に入れて下さい。
※遊び紙はページ数として含みません。」


質問  ノンブルは全ページに必ず入れなければいけないとありますが、絵本のような感じにしたいので、ノンブルは絶対入れたくありません。

こういう場合は、隠しノンブルという裏技を使ってください。
普通はノド(*)のギリギリのラインに入れます。
のりで綴じる無線綴じ製本なら、これでも十分ですが、中綴じの本だと奥まで広げられるので、数字が見えてしまいます。
こういう場合、同じノドでも、出来上がりラインから下5ミリまでの位置に入れます。
これはB5判の場合。B5判以外の本は、下3ミリまで。
印刷には出るけれど、製本して断裁仕上げすれば切れてしまうので、出来上がった本にはノンブルが入っていないように見えます。

アナログ原稿の場合は、わかりやすいように、原稿の端か裏面にもノンブルを書いておいてください。

*ノドとは、製本した時にのりがつく位置です。
17 : 36 : 49 | よくある質問 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。