スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
パンを焼こうぜ!
2009 / 03 / 22 ( Sun )
 最近、食パンだけじゃなく、ちびパンをよく焼くんですが、こねなくていいし、めっちゃ簡単なんで、レシピ書いときますね。
 発酵機能のあるオーブンと秤をお持ちの方は、是非やってみて下さい。
 雑で適当、いい加減、と三拍子そろった私にできるやり方なので、絶対、何があっても焼けます。

 秤にボウルをのせて、砂糖を5g、塩2g、ここにヨーグルトを入れて全体で50g位になるようにします。牛乳を100g入れたら、ドライイーストを3g振り入れます。

 ヨーグルトと牛乳を冷蔵庫にしまったら、ついでにマーガリンを出しといて下さい。

 さっきのボウルを軽くかき混ぜ(砂糖が固まっているようなら、ここでつぶします)、薄力粉を30g、強力粉を50g入れます。で、ゴムべらでよく混ぜます。

 混ざったら、強力粉をさらに70gとマーガリンを5g入れて、再び混ぜます。(最初から強力粉を120g入れてもいいんですが、多分混ぜにくいと思うので、分けました。)よく混ぜて、ボウルの真ん中に生地を集めたら、ラップをして1時間発酵させます。
 
 この発酵が終わっても、まだ生地はベタベタ状態だと思います。少しは膨らんだのかな?ぐらい。これを軽くかき混ぜてもう一度発酵。今度は30分。
 
 この間に、耐熱性のプリンカップに軽く油を塗っておきます。マーガリンでも何でも構いません。後からはずしやすくなるので。クッキングペーパーに油分をしみこませて、チャチャッとこすって下さい。
 
 2回目の発酵が済んだら、生地がふわふわになっているはず。これをゴムべらですくってカップに入れます。この時、できるだけふわふわを崩さない方が、出来上がりがきれいです。
 でも、もったいないので、私はとことんこそげて使います。ボウルの中身をキレイにこそげるのに、少し大きめのゴムべらがあると、すごくやりやすいです。ゴムって書いてますが、今は大抵シリコン製ですね。熱いものでも平気なので、とっても便利。

 カップの中身をへらで適当に形作ったら、そのまま10分発酵。終わったら、オーブンを180度に設定して、12分。これで焼き上がり。
 
 ヨーグルトや牛乳を計る時に、多少誤差が出ても大丈夫です。粉もね。入れすぎた!なんて慌てず騒がず、見なかったことにして、やっちゃいましょう。私も、常に適当です。計量カップ使うのもめんどくさいので、やってません。

 元のレシピはネットで見つけたんですが、ヨーグルトじゃなくて卵だったし、分量も相当違うはず。(すでに覚えてません。)牛乳とか水分は、ついつい多めに入れてしまうから、いつも分量が違います。でも、いいんです。ちゃんと焼けるから。

 混ぜる時に、ゴマやきな粉、ココアなんかを入れると、バリエーションが広がります。
 あと、我が家はガスオーブンなので、電気だと温度と時間が少し変わると思います。そこらへんは、適当に調節して下さい。

 手順はめちゃ簡単なはずなのに、文字にすると結構長くなりますね。
 パンを焼くのって、発酵させるのがめんどくさいと思われがちですが、実際には、他の作業の合間にできるので、すごく楽ですよ。
 1時間あったら、お風呂に入っててもいいし、インターネットで何か検索してる間にできてしまいます。

 粉と水でドロドロ状態のものが、ぼわっと膨らんで焼き上がるのは、なかなかドラマチックです。
 最近は、電子レンジでも焼けるレシピがあるようなので、さらにお手軽かもしれません。
 
 え? 残ったドライイーストの使い道? とりあえず冷凍庫に保存しておいて、このパンを10回ぐらい焼けば、大丈夫ですって。

 いやあ、すっかりお料理教室になってしまいました。
 次回は、また真面目なブログに戻りたいと思います。(って、どこらへんが真面目やねん!?)
スポンサーサイト
01 : 16 : 23 | 社長日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。