スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
手塚先生の思い出
2009 / 12 / 10 ( Thu )
前回に引き続き手塚先生のお話です。

かなりミーハーな手塚ファンだった私は、近場のサイン会なんかにもよくお邪魔しました。

中でも印象深いのは、昭和48年か49年位だったでしょうか。天満橋の松坂屋で、集英社かなんかのイベントがあったんです。夏休み時期 ? かな、2週間くらい。

会場には漫画家さんの原画がずらっと展示してあって、それだけでも感動もの。
手塚先生の原画は、青系の色鉛筆で丸や三角なんかの大まかな形が描かれていて、その上からペンで実線が入っていました。 つまり、精密な下書きはしないで、丸とか三角のアタリだけでいきなりペン入れをしているんです。信じられませんでしたが、その後行われたサイン会で、それが間違いないことを実感しました。 

他には、漫画家の部屋を再現した展示物もあって、池田理代子先生のお部屋はめっちゃベルサイユ風でした。 対極で、土田よしこ先生(この名前がわかる人、いる?)のお部屋はボロボロで、作業机がみかん箱になってました。

作画しているところを見学するスペースもありました。多分漫画家本人じゃなく、アシスタントの人だと思うけど、付録のかるた風の原稿にカラーで彩色してました。 子供の注目を浴びて、さぞやりにくかったでしょうね。
で、そのイベントにサイン会も組み込まれていたんです。手塚先生をはじめ、かなり有名な先生がいらしたはず。…なんですが、私の興味の対象ではなかったので、ベルばらの池田理代子先生くらいしか覚えてません。

とにかく手塚先生です。

肝心のその日、時間になっても先生は一向に現れませんでした。
地元の強みで前の方に並んだというのに何の役にも立てへんとしょげていたんですが、先生が登場してにこやかに笑われると、そんな気分は吹っ飛んでしまいました。
(後から聞いた情報では、先生は遅刻魔で、時間通りに現れることはめったにないということでした。)

会場で販売している単行本を1冊買うと、その本の最初の白紙ページにサインをしてもらえるのです。しかもイラストつき!!

先生に本を渡すと、「何がいい?」と聞かれたのですが、私は緊張してしまって声が出ません。とっさに好きなキャラって、思い浮かばないんですよね。そうしたら、女の子だからと思われたのか、描いてくださったのは、リボンの騎士のサファイアでした。

マジックなので、もちろん一発描きです。私は、何もない白い紙にささっとペンを走らせる先生の手元から、目が離せませんでした。自分の番が終わっても、ずっとそばで見ていたんです。描いてもらった人は、結構同じようにまわりを取り囲んでいました。

同行した友人は、な、なんと百鬼丸を描いてもらったんですよ。いいな?。
お茶目な先生は、長い爪楊枝をひょいと描き足して、「(木枯し)紋次郎」と、おどけていました。あ、「木枯し紋次郎」は、当時流行っていた時代劇、股旅物です。中村敦夫主演。
オープニングが、時代劇っぽくなくて好きでした。
ど?こかで?、だ?れかが?、きっと待って?いてくれる?♪

脱線しました。とにかく手塚先生は、読者をものすごく大事にされるんですよ。

おもしろかったのは、「海のトリトン」のピピを描いていたとき。

原作のピピって、結構見た目が地味なんです。当時テレビアニメがすごい人気だったので、小さい子は特にそっちの方を本物として認識しているはず。
先生もそう思われたんでしょう。 サービスのつもりで、テレビアニメのピピを描きはったんです。髪型は良かったんですが、先生もうろ覚えだったのか、胸にヒトデをつけてしまったんですね。  「それ、違うやん。」と言われて、「ええっ、そうだった? ごめん、ごめん。」と、あくまでもにこやかな先生でした。

時間通りに始まらなかったそのサイン会は、やっぱり時間通りには終わらなくて、ずいぶん遅くまでかかりました。
当時デパートの営業時間は午後6時まで。 もちろんその時間は過ぎていたので、入口は閉められています。最後まで残っていた人たちと一緒に通用口から帰ったんですが、こういうのも初体験だったので、ちょっと興奮しましたよ。

後日、同じイベントで池田理代子先生のサイン会があって妹が行ったんですが、描いてもらったイラストは、薔薇一輪でした。
オスカルを期待していたんですが池田先生は、「時間かかるからね。」と優雅に微笑まれたそうです。

やっぱり手塚先生は器が違う!と、変なところで優越感に浸ってしまいました。

で、この時のサインは最近になって発掘したので、事務所の片隅に飾ってあります。保存状態が悪いので、あまりきれいじゃないですが。

ご覧になりたい方は、是非ご来社下さい。
直接入稿特典!?  というのは、ちょっとショボイかなあ。
03 : 16 : 25 | 社長日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。