スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ちょこっとタイムスリップ
2008 / 04 / 07 ( Mon )
 中学の同窓会で、故郷に帰ってきました。
 …なんて、大げさですね。実は、同じ大阪市内なのです。とはいえ、実家が引っ越したこともあって、もう何十年もこの辺りには足を運んでいないのでした。
 場所は、なんと帝国ホテル! 会費が8,500円と少し高いので、やめとこうかと思ったのですが、悪友から電話があり、「70人集まらんと、この金額になれへんねんて! あんたも参加したってや!」と脅迫されたので、渋々参加を決意。
 会場にもちゃんと理由があって、つまり帝国ホテルのすぐ隣に中学校があるのです。
 中学校を見下ろすシチェーションで同窓会を開こうという趣向なんですね。
 
 当日は、少し早めに出て、天満橋を渡って源八橋(JR桜ノ宮のそばにある橋)まで、大川沿いの遊歩道を歩きました。懐かしいな。ここは、通称「浜下」と言って、マラソンのコースでした。クラブでもよく走らされた道です。造幣局の通り抜けが、すぐ上にあります。
 浜下にも桜並木が続いていて、ここは普通の桜。造幣局の桜は、八重咲きや、種類の違うものが多いので、少し遅めに咲くのですよ。浜下の桜が散ってしまってから、通り抜けが始まります。 
 当時は、桜の季節になると、某かの教科の先生が、「今日の授業は、花見!」と言ってくれて、みんなで外に飛び出したものでした。のどかやったなあ。
 対岸は桜ノ宮ですが、ここはラブホテルが多くて、派手な看板が立ち並んでいるのが見苦しくて嫌でしたが、それさえ我慢すれば、大阪城なんかも見えて、結構良いロケーションです。
 帝国ホテルの敷地には、昔は三菱金属の工場があったのです。今はホテルのおかげで、すっかり綺麗になっていました。学校だけはオンボロのままでしたが。

 肝心の同窓会は、なんというか、不思議な空間でした。ホテルの部屋が、一瞬、教室に
早変わりするような感じです。
 記憶の中の友達は、ずっと中学生のままなので、今はもうおっちゃんやおばちゃんになっているのに、お酒を飲んだりタバコを吸ったりしている姿を見るのは、何かすごく違和感があったりします。
 それでも、懐かしい顔をみるのは、うれしいです。「変わってへんなあ。」と声をかけながら、面影を確認するのは、ちょっと楽しい作業です。
 ただ、男子の方は、あまりわかりませんでした。名前は聞き覚えがある、顔も、おぼろげながら記憶がある、でもこの2つがなかなか一致しないのですよ。この顔の人は、何ていう名前やったっけ??? …しょうもないことは、細かいところまで覚えていたりするのに、こういう部分は出てきません。仕方がないので、神経衰弱みたいに頭の中で色々組み合わせを考えていました。
 めちゃくちゃ親切にされたとか、いじめられたとか、特別インパクトのある記憶でもないと、覚えていられないもんですね。何か事件でもあれば、鮮明に残るんでしょうけど。
 「嫌な奴やったな」というのが、実は一番覚えてたりします。思い出したくなかったりするけどね。まあ、時効ということで。

 それはともかく、仲の良かった人が住所不明になっているのは、すごく残念です。卒業してしまうと、どうしても疎遠になってしまうけど、たまには連絡すれば良かったなあと、悔やむばかり。何人かは亡くなっていたりするので、ちょっと心配です。
 後悔する前に、友達は大事にしないといけませんね。反省、反省。

 で、次回は2年後だそうで。とりあえず、ダイエットはしたいなあ。(自己流継続中)



スポンサーサイト
02 : 23 : 43 | 社長日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<\(゜ロ\)(/ロ゜)/ あわわ! | ホーム | 花とだんご(よくばり)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ohps.blog120.fc2.com/tb.php/30-e9e8f1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。